女性の転職求人を見ていると「営業事務」の文字を多く見かけます。
その一方で、 「実際にはどんな仕事をしているんだろう?」 と分からず、応募を戸惑っている女性も多いようです。

「営業事務さんの毎日はどんなもの?」
「一般事務との違いは?」

そんな気になる営業事務職の中身を、徹底的に調査してみましょう。

営業事務の仕事内容を詳しくチェック!


営業事務の仕事は、主に営業担当者のサポートです。
一人で複数の営業さんを担当している場合もあれば、一人につき一人サポートとしてついている場合もあるでしょう。

営業さんは主に社外業務を行い、取引先への挨拶や営業や新規開拓などを担当しています。
その間、社内で問い合わせに応じたり、発注や見積もり依頼に対応したりしているのが、営業事務の女性です

取引先の担当者と直接顔は合わす場面は少ないですが、話している時間は営業担当者よりも長くなることがあるほど、営業事務は会社にとって重要なポジションです。
第一線で活躍しているつもりで、会社の声の顔として、品位を持っていたいですね。

  • 営業担当者からの電話発注
  • 取引先からの発注
  • 発注に応じた見積もり依頼や仕入れ
  • 営業マンへの取り次ぎ
  • 顧客データのまとめ
  • 資料の整理
  • ファイリング

など、営業にまつわることすべてが営業事務の仕事となります

営業担当者が気持ちよく営業できるように、そして取引先から信頼が得られるように、間に入ってサポートする営業事務の仕事は、多くの職場で無くてはならないものなのです。

営業事務職の一日が知りたい!


営業事務職の女性の一日は、営業担当者との打ち合わせから始まります。
営業マンの一日の予定を知っておくことで、 「営業マンに来て欲しい」「営業マンから連絡が欲しい」 といった顧客からの声にスムーズに対応することができます。

営業担当者を見送ったら、

  • 発注していた商品の検品
  • 営業マンが取引先へ持っていく荷物の用意
  • パソコン操作
  • 電話応対

などを臨機応変に行います。

「急ぎで〇〇を注文したい」「頼んでいる〇〇が予定より早く必要になった」といった急な仕事も多く、慌ただしい場面もありますが、どんな状況でも顧客や営業マンをイライラさせないよう、スムーズかつ柔らかな応対を心がけます。

営業マンの帰社を待たず定時で帰れる職場もあれば、遅くまで残業となる職場もあるため、勤務時間については面接時に確認しておきましょう
顧客応対で決まった時間にお昼を取れなかったり、思いがけないトラブルに巻き込まれることもありますが、営業業務の一員として大いに活躍できる、やりがいに満ちた職場と言えるでしょう。