「営業事務」のお給料は、事務職の中でも高めに設定されています。
女性の転職を成功させるなら、貰える給料の中身も大切!

「初任給は?」
「ボーナスは?」
「稼ぐ方法は?」

気になる営業事務のお財布事情を覗いてみましょう。

営業事務の初任給や平均給与はいくらくらい?


「営業事務」の仕事は初任給が17万円~22万円程度となる会社が多く、一般事務よりも多くの収入が期待できます。
平均年収は200万円~400万円と幅広く、長く勤め仕事を覚えれば覚えるほど、待遇が良くなるでしょう。

「営業事務」の存在は営業マンにとって欠かせないものであり、その手腕によって会社の売り上げを変化させることもあります。
言われたことだけを行うのではなく、 「あの営業事務さんとコンビを組みたい」 と思われるような存在を目指すことで、給与アップへつながるでしょう

営業事務のボーナスはいくらくらい?


営業事務の仕事は、会社の売り上げによって、高額なボーナスが期待できます。
毎月の給与は平均でも、賞与は大きい、という会社もあるため、転職先選びは年収で計算すると間違いありません。

ボーナスに期待するなら、転職時に、企業情報をしっかりチェックしておきましょう
これから成長が期待できる分野の会社や、誰もが名前を知っているような大手企業であれば、高額なボーナスが出るでしょう。
賞与の実績などは、面接では聞きにくい部分ですから、転職コンシェルジュが在籍している転職サイトなどを利用して、代わりに確認して貰うのもオススメです。

営業事務の仕事でしっかり稼ぐには?


「営業事務」の給与は、一般的な事務職よりも高めですが、 「固定給よりも稼ぎたい!」 という気持ちが芽生えることもあるでしょう。
そんな時には、残業代が支払われる会社を選ぶ、もしくは売り上げが収入へ反映される会社を選びましょう

営業事務の仕事は、営業マンの予定に合わせて、残業を頼まれるケースが少なくありません。
この残業代を、すべて手当として給与へつけてくれる企業であれば、高収入が期待できます。

「バリバリ営業がしたい!」 「どんどん売り上げを伸ばしたい!」 という女性なら、歩合制度のある職場を選択しましょう。
頑張れば頑張った分だけ給与へ反映されるため、毎日の業務へやりがいを感じることができます

自分から積極的に顧客との関係を築きたいタイプの女性には、特にぴったりな制度だと言えるでしょう。