女性の転職先として選ばれることの多い「営業事務」。
営業マンのサポートとして活躍できる仕事ですが、営業のない仕事は無いといっても良いほど幅広い職場があります。

どんな企業があるか、そして、どんな働き方があるのか。
選び方を事前に詳しくチェックし、自分の能力を最大限に生かせる企業を見つけましょう。

営業事務が活躍している業種が知りたい!


営業事務は、ほとんどの業界で必要とされている仕事です。
転職サイトなどを見てみると、

  • 建築
  • 商社
  • メーカー
  • IT企業
  • 不動産
  • 貿易
  • 人材派遣
  • 販売
  • サービス
  • 金融

など、様々な分野での求人を見つけることができるでしょう。

そのため、営業事務の仕事へ応募する前に自分がどのような職種で働きたいかを明確にしておく必要があります

「どんな職種でも良いから営業事務がしたい!」 という気持ちでは、面接でやる気がないとみなされるケースもあるため、 「この業界の発展に貢献したい!」 そう思えるような、業種を選択しましょう。

また、どのような業界であっても、その分野について専門知識を覚える必要があります。
「数字や図面が苦手なのに、工業系、製造系の営業事務求人へ応募してしまった……」 と言うことにならないよう、得意を活かせる職場を探したいですね。

「どんなジャンルが自分に合っているんだろう?」 と迷ったら、客観的に判断してくれる、お仕事コンシェルジュや転職エージェントなどの力を借りてみるのも一つの手段です。

大手企業と中小企業の違いを知ろう


営業事務の仕事は、大手企業に勤めた場合と中小企業に勤めた場合で、大きく内容が変わります

大手企業の場合は、一人の営業マンの一人の営業事務がつき、徹底的にサポートするでしょう。
営業マン一人一人のやり方に合わせるため、担当が変わるタイミングで、業務内容が大きく変更になる場合もあるでしょう。
大手企業の場合、未経験者向けの研修システムが充実しているケースも多いため、はじめて「営業事務」として働く、という場合も、安心してスタートできます。

中小企業の場合は、「営業事務」という名目ですが、来客応対や一般事務など、その他の仕事も任されるケースが多くなります。
「色々な仕事をマルチにこなしたい」「女性らしい細やかな気遣いが得意」 という考えを持っているなら毎日の業務を楽しめるでしょう。

「とことん営業事務の世界に浸かりたいなら大手企業」
「営業事務を中心に一般事務作業もやってみたいなら中小企業」
というように選べば、希望に近い働き方ができます。

もちろん、大手企業であってもお茶汲みを頼まれたり、中小企業であっても毎日営業の電話をかけなければいけかったりという例もあるため、気になることは面接時に確認しておきましょう。